平成27年度歯・口の健康に関する図画ポスターコンクール

日本学校歯科医会入賞作品
(大阪市代表)優秀賞

鶴見小学校1年

武部彩花さん

会長挨拶

会長 西本達哉(にしもと たつや)

 

 盛夏の候、会員の先生方には、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。平素より会務運営に格段のご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。6月20日に開催されました、令和元年度定時総会におきまして、理事・監事の改選が行われ、その後の臨時理事会で理事の互選により、私が岡本卓士先生の後任の会長に選任されました。岡本先生には、7年3ヶ月の長きにわたり会長を務めて頂き、大阪市の学校歯科保健に本当に熱心に取り組み、多くの実績をあげることができたことは、会員の先生方はよくご存じのことと思います。その後任は大変重いものがありますが、精一杯務めたいと思いますので、何卒よろしくお願いいたします。

 

 私は平成11年の途中で前任の学校歯科医が急逝されたことにより、その年度途中で大阪市立天王寺小学校の学校歯科医に就任し、平成12年度の新任学校歯科医研修会を受講しました。平成18年に日本学校歯科医会の一泊のセミナーをOMMビルで受講したのがきっかけで市学歯の学術部員となり、平成20年度から理事に就任させていただき、総務担当の常務理事を経て平成23年から8年間専務理事を務めてまいりました。日本学校歯科医会では平成23年から代表会員となり、平成25年度からは学術委員会委員を務めております。

 

 大阪市の学校歯科保健は発達段階に応じた指導で、他の地域にはないものがあり、誇りとするところです。その成果は12歳児DMFT指数の調査で毎年右肩下がりの結果に表れています。残念ながら昨年度初めて下げ止まりとなり、全国平均より悪くなるという憂慮する結果になりました。大阪市教育委員会とも連携し、この原因もしっかり考え、新たな展開を繰り広げていきたいと考えております。

 

 来る8月22日に「第7回歯・口の健康づくり研修会」を3年ぶりに大阪市内全校園の養護教諭を対象にしたテーブルクリニック形式の学校歯科教材を使用した体験実習主体の研修会として開催する運びとなりました。子どもたちにとってはこのような教材を使った体験学習は目を輝かせて学べる非常に興味深いものであり、新学習指導要領における、主体的・対話的で深い学びとして、アクティブ・ラーニングの視点からの改善にも正に合致する最適な方法と思います。ぜひ多くの学校園で今後も取り入れて頂きたいと思います。

 

 また9月14日には社会見学会を予定しております。平成26年度に実施した阿倍野防災センターがリニューアルされたので、ここでもう一度防災について学ぶことも大変意義のあることと思い再度開催することとなりました。その後は、あべのハルカスで夜景を見ながらの食事会がありますが、26支部の会員が親睦を図れる唯一の機会と思われますので、一人でも多くの先生方のご参加をお願いいたします。

 

 学校歯科医は専門職の非常勤学校職員であることを改めてここに銘記して、これまでと変わらず、またそれ以上に担当される学校園にて学校歯科保健活動に取り組んで頂く事をお願いしまして、就任のご挨拶とさせて頂きます。