平成27年度歯・口の健康に関する図画ポスターコンクール

日本学校歯科医会入賞作品
(大阪市代表)優秀賞

鶴見小学校1年

武部彩花さん

全国学校保健研究大会

概要

 学校歯科医だけでなく全国の学校保健会関係者が一堂に会して行われる全国学校保健大会は、文部科学省、日本学校保健会、担当都道府県の学校保健会と教育委員会が主催者となって毎年11月頃に開催されます。平成25年で63回を数える伝統ある大会で、全国から約1500名が集まり、子どもの健康課題をテーマにした記念講演や実践研究発表、研究協議が行われています。


 初日は全体会の会場で開会式と文部科学大臣表彰の表彰式が行われ、記念講演も行われます。その後、会場を変えて学校歯科医だけの全国学校歯科医協議会が開催され、再度の学校歯科関係の文部科学大臣表彰者が紹介されて、シンポジウムがおこなわれます。


 これは学校歯科保健の課題をテーマにして学識者代表、学校歯科医代表、学校現場の代表がシンポジストとなってそれぞれの立場からさまざまな学校保健の実践内容などが提供されます。終了後は懇親会が開催され、全国から集まった学校歯科医の情報交換の場となります。翌日は課題別研究協議会が開催されますが、これは10の研究課題に分かれており それぞれの会場で研究協議題のもと、学識者の講義と3人の研究発表者による学校保健活動の実践報告が行われます。大阪市学校歯科医会は「歯・口の健康づくりの研究課題」に参加して、全国各地のさまざまな学校歯科保健教育の実例を持ち帰って役立てるようにしています。

全国学校保健研究大会開催要項(第48回~60回)
第48回(平成10年度)から第60回(平成22年度)までの開催要項です。80周年記念誌p79~84に掲載されました。
全国学校保健研究大会.pdf
PDFファイル 2.1 MB

活動実績

令和元年度 全国学校保健・安全研究大会

  主 題 生涯を通じて、心豊かにたくましく生きる力をはぐくむ健康教育の推進

       ~主体的に健康課題の解決に取り組み未来を拓く子供の育成~

  主 催 文部科学省、埼玉県教育委員会、さいたま市教育委員会、

      (公財)日本学校保健会、埼玉県学校保健会

  期 日 令和元年11月21日(木)・17日(金)

  会 場 ソニックシティ(埼玉県さいたま市大宮区)

  内 容 (1)全体会

        ・開会式

        ・表彰式

          大阪市からは墨江小学校の東邦裕校長と当会の長崎三男副会長が

          文部科学大臣表彰を受けられました。

        ・記念講演

          講演内容 「子供のインターネット利用と健康」

          講  師  埼玉大学 教育学部 教授 戸部 秀之

      (2)課題別研究協議会 第5課題 歯と口の健康づくり

        ①神奈川県立茅ケ崎養護学校      総括教諭 一瀬 恵理

        ②栃木県宇都宮市立鬼怒中学校     養護教諭 棚原 梨紗

        ③埼玉県羽生市立新郷第二小学校    養護教諭 熊木 和美

        ・講師        日本学校歯科医会 副会長 柘植 紳平

        ・指導助言者   愛知県立瀬戸高等学校 校 長 丸山 洋生

令和元年度 全国学校保健・安全研究大会に参加して

常務理事 上田裕彦

・全体会

 開会式に続き、表彰式では学校保健と学校安全の功労者に対して表彰が行われた。大阪市からは、墨江小学校の東 邦裕校長と当会副会長の長崎 三男先生が受賞された。

・記念講演

「子供のインターネット利用と健康」  埼玉大学 教授 戸部 秀之

 すでに多くの児童生徒がインターネットを利用しているが、忘れてならないのはインターネットの利用には「光」と「影」があることだ。埼玉県学校保健会では以前から各種メディアの使用について調査を行い、県内に広く警鐘を鳴らしてきた。平成29年度には、児童生徒のインターネットの利用実態や健康・安全との関連、および保護者の意識等について調査を行った。

そして、調査の結果を検証し次のように提言を行った。

*児童生徒のインターネット利用の実態について理解を深める。

*インターネット依存傾向に着目して、多様な問題発生を予防する。

*発達段階に応じたルールづくりや親子での話し合いを推進する。

*生徒の意識・実態を踏まえた集団・個別の保健指導につなげる。

*家庭における子供のICT危機利用お実態について理解を深める。

*将来の問題発生の可能性を踏まえ、年少児へのICT機器の与え方を考える。

 

・課題別研究協議会   第5課題 歯と口の健康づくり

①神奈川県立茅ケ崎養護学校       総括教諭 一瀬 理恵

 「児童生徒の自立に向けた口腔ケア・摂食指導のための教職員研修と児童 生徒実態把握の試み」~推進事業1年目の取組~

 歯・口の健康や口腔ケアに関して多様な課題を持つ児童生徒が在籍していることから、学校歯科医や関係機関と連携し、保護者を交えた様々な取り組みを進めてきた。歯科検診前の事前指導やBGM、アロマ等の使用で緊張感を緩和する環境づくりに努めている。

 教職員の世代交代が進み、若い教職員や特別支援学校での経験年数が少ない教職員が増加している。専門知識や指導方法、家庭への支援方法等を継承していくことが課題となっている。

 

②栃木県宇都宮市立鬼怒中学校      養護教諭 棚原 梨紗

 「自ら健康な生活を実践できる生徒の育成」

   ~歯・口の健康づくりを通して~

 学年進行に伴いCO、GO、Gの割合が増加する傾向に着目し、生徒の口腔衛生に対する意識の改善を目指して教育活動を展開した。

 全教員を授業研究部、研究推進部、評価部の三つに分けて開始した。授業研究部では、歯・口に関連する教材を洗い出し、系統性と関連性に着目して小中9年間の題材を整理し、指導計画を作成した。研究推進部では、生徒保健委員会を活用して健康な歯肉と歯肉炎の模型を作成し触ることができる教材を展示した。評価部では、「健康な歯模範生徒」を表彰するなど、興味・関心・意欲の喚起を図った。さらに、保健だより、学校HP、掲示板を工夫し、関心を高められるようにした。

 

③埼玉県羽生市立新郷第二小学校     養護教諭 熊木 和美

 「生涯にわたり、自分で自分の健康を守ることができる児童の育成を目指して」~学校・家庭・地域・関係機関との連携・協働を通して~

 生涯にわたる歯科保健活動を積極的に推進し、市立小中学校の取組は毎年県学校歯科保健コンクールで高い評価を受けている。

 学級活動として歯科衛生士による「1年親子歯みがき教室」、担任と学校歯科医による6年生を対象とした「よくかむことの大切さ」をテーマにした授業を実施している。歯と口の健康週間には「歯みがき名人」を表彰することで、意欲喚起を図っている。また、毎日の「歯みがきタイム」を評価する「歯みがきかがやき賞」、「歯みがき音楽」の工夫、「クラス対抗歯みがきグランプリ」、「目と口の体操」、毎月第三水曜日に全校で染め出し検査を行う「マイ歯ッピーチェック」など多彩な活動をしている。

 さらに、児童が市内在住の8020達成者を訪ねて留意点をインタビューするなど地域と連携した取組、歯科保健に関心の低い家庭への働きかけにも取り組んでいる。

第69回 全国学校歯科医協議会

  日 時 令和元年11月21日(木)15時30分

  会 場 パレスホテル大宮 3階 チェリールーム

      ・開会式

      ・文部科学大臣表彰者紹介

      ・講 演 「マウスガードの有効性とより安全性の高いマウスガード」

           東京歯科大学 口腔健康科学講座スポーツ歯学研究室教授

                                武田 友考

      ・シンポジウム「マウスガードをより広く普及させるには」

        座長 埼玉県歯科医師会前常務理事・学校歯科部長 齋藤 秀子 

        シンポジスト 

           東京歯科大学 口腔健康科学講座スポーツ歯学研究室教授

                                武田 友考    

           立正大学ラグビー部監督          堀越 正己

     

       ・懇親会 パレスホテル大宮 4階 ローズルーム

第69回 全国学校歯科医協議会に参加して

常務理事 上田裕彦

 開会式において、文部科学大臣表彰の受賞者が紹介された。その後、講演が行われた。

・講 演

「マウスガードの有効性とより安全性の高いマウスガード」

 東京歯科大学 口腔健康科学講座スポーツ歯学研究室教授 武田 友考

 マウスガードの顎口腔系障害への予防・軽減効果は、実験的、疫学的に立証され、スポーツ関係者のマウスガードへの認知度は高まり、その普及も進んでいる。しかし、マウスガード装着時の外傷が少なくないこと、咬合関係の適切でないマウスガード使用によるデメリットがあることも事実である。バキュームタイプやラミネートタイプのカスタムメイドのマウスガードはその効果が高いが、コンタクトスポーツにおける選手の大型化やプレースタイルの変化などにより、通常のマウスガードでは防ぎきれない外傷もあるようだ。そこで、より安全性の高いマウスガードの開発、普及が望まれる。その一つとして、改良型一枚法マウスガード(EVA材使用)がある。これは、前歯部開咬などで、通常の一枚法では前歯部の安全に不可欠な閉口時の前歯部の接触が付与できない場合に有効だ。また、より積極的に上顎中切歯、補綴歯、外傷既往歯などを保護することを目的に、ハードアンドスペースタイプのマウスガードがある。これは、2枚のEVA材の間にアクリルやPET材の硬性材を入れることで、衝撃力を広く分散することで、より安全性を高める。また、マウスガードの内面と頬側歯面との間に0.5から1.0㎜の緩衝スペース設けたものだ。このタイプのマウスガードの普及を拡大すべく、製作を容易にし、かつ安全性を担保した光重合タイプの硬性材を開発してきたので紹介する。本日の講演が、生徒、学生、スポーツ選手、国民の外傷の軽減・予防に役立てれば幸いである。

平成27年度 全国学校保健・安全研究大会

日 時 平成27年12月3日(木)・4日(金)

場 所 愛媛県松山市 ひめぎんホール

(1) 全体会

開会式

表彰式

 学校保健・学校安全の功労者に対する文部科学大臣表彰が行なわれました。 

 市学歯からは副会長の西川肇先生が受賞されました。

記念講演

 「子どもたちの意志決定能力を育てる」 ~健康教育とライフスキル教育の

  コラボレイション~

              兵庫教育大学大学院 教授 西岡 伸紀

 講演要旨

 現在の社会には、意志決定能力の必要性があり、一方ライフスキルの育成をはかるライフスキル教育では、特に熟慮型の意志決定能力の育成が図られる。これらは小学校低学年かた学習する。健康に関する意思決定の育成には、健康教育とライフスキル教育を相互に関連つけるのが有効と考えられる。   

 

第65回 全国学校歯科医協議会

 日 時 平成27年12月3日(木) 午後5時

 場 所 松山全日空ホテル

 開会式

 大臣表彰者紹介

  大阪からは市学歯の西川肇副会長と府学歯の山野芳孝副会長の受賞が紹介されました。

 講演会

  「学校歯科健康診断の改定について」

    座長 愛媛県歯科医師会             会 長  是 澤 恵 三

    講演 「今後の健康診断の在り方に関する検討会」・「児童生徒の健康診断マニュアル改訂委員会」概要

                   日本学校歯科医会 常務理事 齊 藤 秀 子

      

       「学校歯科医の活動指針改訂について」

        ~CO・GOの取り扱い及び健康診断結果のお知らせ~

                    明海大学    学長   安 井 利 一

  

課題別研究協議会 

 第5課題 「歯・口の健康づくり」研究発表者

 研究発表

① 愛媛県立宇和特別支援学校         養護教諭 片 桐 弥 生

「健康診断の効果的な実施と結果等を活用した健康教育の実施について」

② 徳島県立徳島科学技術高等学校       養護教諭 近 藤 真 理

「歯・口の健康づくりを目指した歯科保健活動の取り組み」

③ 高知県いの町立長沢小学校         校  長 長 瀬 由 英

「学校、家庭及び地域社会が連携した学校歯科保健活動の進め方について」

   -かんで みがいて 元気に歯ハハ -

 指導助言  東京都教育庁地域教育支援部 歯科保健担当課長 三ツ木 浩

      「生涯に渡る健康管理の基盤となる歯・口の健康づくりの進め方」

 講演

講師           九州大学大学院 教  授 山 下 喜 久

演題 「学校歯科保健から生まれ出るパラダイムシフト」

ー 8020から8028へ -

 

市学歯からの参加者

  西川肇副会長  井手成信副会長 河野好昭常務理事 藤野康徳常務理事

  川上 力常務理事

第65回全国学校歯科医協議会・平成27年度全国学校保健安全研究大会 報告書(西川
PDFファイル 232.3 KB

第64回 全国学校保健研究大会

日時 平成26年11月6日(木) 午後1時より

 場所 金沢市  石川県立音楽堂

 主題 生涯を通じて、心豊かにたくましく生きる力を育む健康教育の推進

     -健康で安全な生活を送る子供たちの育成―

 全体会 午後1時~2時

   ・開会式  来賓あいさつ 祝辞 歓迎のことば 来賓・主催者紹介

   ・表彰式  文部科学大臣表彰受章者紹介 表彰状授与 謝辞

   ・表彰者 (大阪市からの表彰者)

         大阪市立開平小学校 学校薬剤師 藤波美津子先生

 記念講演 午後2時~3時 

   ・演題 「学校における健康教育を未来に生きる子供たちのために」

   ・講師 聖心女子大学 教授 植田誠治 

第64回全国学校保健研究大会・全国学校歯科医協議会 報告書.pdf
PDFファイル 159.7 KB

第64回 全国学校歯科医協議会

日時 平成26年11月6日(木) 午後4時15分~8時半

場所 ホテル日航金沢 3階 孔雀の間 4階 鶴の間

開会式 

文部科学大臣表彰者紹介

シンポジウム

 テーマ 「健康教育において学校歯科保健の果たすべき役割」

      ~生涯を通じて、心豊かにたくましく生きる力を育むために~

 座長 石川県歯科医師会 会長 蓮池芳浩

 シンポジスト

  1 文部科学省スポーツ・青少年局

    学校健康教育課 教科調査官 森 良一先生

     健康教育の一環として推進する

      学校歯科保健教育保健教育

  2 石川県金沢市浅野川中学校 保健主事・養護教諭 藤森敦子先生

     「歯・口の健康」から進める生涯の健康づくり

       -地区小中一貫教育・保健部会の取組と今後の展望-

  3 日本学校歯科医会 常務理事 竹内純子先生

     「健康教育において学校歯科保健の果たすべき役割~学校歯科医の立場から~

     ~生涯を通じて、心豊かにたくましく生きる力を育む~


 懇親会


課題別研究協議題  第7課題 歯・口の健康づくり

日時 平成26年11月7日(金) 午前9時半~12時半

場所 金沢市 石川県地場産業振興センター

主題 生涯にわたる健康管理の基盤となる 歯・口の健康づくりの進め方

 ・主題説明

    指導助言者 東京都南多摩保健所 歯科保健担当課長 五十里 一秋

基調講演 

講師 日本大学 歯学部 口腔衛生学 教授 前野正夫先生

       歯・口の健康づくりは全身の健康にも貢献する

       -歯周病と糖尿病およびメタボとの関わりを中心に-

研究発表

 ・石川県津幡町立井上小学校            養護教諭 西尾圭子

   「歯科健康診断結果を生かした健康教育の取組」

    -目標をもって取り組む児童の姿をめざしてー

 ・愛知県名古屋市立工芸高等学校          養護教諭 酒德恵理子

     「高等学校における歯科保健の取組」 

     -生徒保健委員会の立ち上げから始まる歯の健康増進プランの一例-

 ・東京都足立区立第一中学校            主幹教諭(養護教諭) 山本 康子

    心をはぐくむ歯科保健

    「早起き・朝食・歯みがき、めざせ いきいき中学生!」

   ―学校、家庭および地域社会が連携した学校歯科保健活動の進め方についてー


 市学歯からの参加者

   井手成信 副会長   長崎三男 副会長  西本達哉 専務理事 

   河野好昭 常務理事  上田裕彦 理事 

第63回 全国学校保健研究大会

日時 平成25年11月8日(木) 午後1時より
 場所 秋田市  秋田ビゥーホテル
 主題 生涯を通じて心豊かにたくましく生きる力を育む健康教育の推進
     - 健やかな心と体をつくり 健康・安全な生活を送るために
       主体的に行動できる子どもの育成―
 全体会 午後1時~2時
   ・開会式  来賓あいさつ 祝辞 歓迎のことば 来賓・主催者紹介
   ・表彰式  文部科学大臣表彰受章者紹介 表彰状授与 謝辞
   ・表彰者 (大阪市からの表彰者)
         大阪市立井高野小学校 学校医  土屋和之先生
         大阪市立茨田小学校  校長   千葉正雄先生
         大阪市立市岡東中学校 養護教諭 内籐ひとみ先生
 記念講演 午後2時~3時 
   ・演題 「青少年の健康危険行動と防止教育」
   ・講師 筑波大学 教授 野津有司

第63回 全国学校歯科医協議会

日時 平成25年11月7日(木) 午後4時半~8時半
場所 秋田ビューホテル 4階 飛翔の間
開会式 
文部科学大臣表彰者紹介
シンポジウム
 テーマ 「学校での歯科健康診断における歯列咬合・顎関節診査と事後措置を考える」
 座長 秋田県歯科医師会 会長 藤原元幸
 シンポジスト
  1 日本学校歯科医会 理事 野村圭介先生
     学校歯科医の視点から歯列・咬合・顎関節審査と事後措置を考える
  2 東京都中央区泰明小学校 養護教諭 上野弘子先生
     歯列咬合・顎関節審査と事後措置 ~今 学校では ~
  3 日本大学歯学部 名誉教授 赤坂守人先生
     学校の視点から 歯列咬合・顎関節審査の意義と問題点を考える
 懇親会
      課題別研究協議題  第7課題 歯・口の健康づくり
日時 平成24年11月8日(金) 午前9時半~12時半
場所 秋田市 にぎわい交流館AU「2階展示ホール」
主題 生涯にわたる健康管理の基盤となる 歯・口の健康づくりの進め方
 ・主題説明
    指導助言者 東京都教育委員会歯科保健担当課長 五十里 一秋
基調講演 
講師 愛知学院大学 歯学部 口腔衛生学 名誉教授 中垣晴男先生
       共通生活習慣指導とセルフ・チェック力育成について
研究発表
 ・高知県四万十高等学校              養護教諭 吉村幸恵
                 高知県歯科医師会 常務理事 野村圭介 
「高知県における高等学校における歯科保健の取り組み」
    -ポピュレーション・アプローチとハイリスクアプローチの視点からー
 ・秋田県仙北市立中川小学校             教諭  細川誠
                          養護教諭 齊藤麗子
    「学びを求め 生き生きと学び合う中川っ子をめざして」
   -歯・口の健康づくりの実践を通してー
 ・北海道札幌市定山渓中学校             養護教諭 林 麻子
   「学校 家庭及び地域社会が連携した学校歯科保健教育の進め方について」
   ―生涯に渡る健康管理の基盤となる歯・口の健康づくりー

 市学歯からの参加者
   西川 肇 副会長   井手成信 副会長   長崎三男 副会長 
   羽生卓也 常務理事  川上 力 常務理事 

第62回 全国学校保健研究大会

日時:平成24年11月8日(木) 午後1時より

場所:熊本市 市民会館崇城大学大ホール
主題:生涯を通じて心豊かにたくましく生きる力を育む健康教育の推進
全体会:午後1時~2時

  • 開会式  来賓あいさつ 祝辞 歓迎のことば 来賓・主催者紹介
  • 表彰式  文部科学大臣表彰受章者紹介 表彰状授与 謝辞
  • 表彰者 (大阪市)学校歯科医 岡本卓士  校長 服部俊夫

記念講演:午後2時~3時 

  • 演題 「睡眠と生活のリズム指導の落とし穴」~個人差に基づく教育の重要性について~講師 熊本大学発生医学研究所 准教授  粂 和彦

第62回 全国学校歯科医協議会

日時:平成24年11月8日(木) 午後4時半~8時半

場所:KKRホテル熊本 
開会式 

  • 文部科学大臣表彰者紹介
  • シンポジウム
    テーマ 学校へ行こう! ~学校、家庭とともに推進する健康教育と学校歯科医の在り方座長 熊本県歯科医師会 会長 浦田健二
  • シンポジスト

  1 日本学校歯科医会 常務理事 斉藤秀子先生
     学校診断結果から見えてくる健康教育の実践と学校歯科医の役割り

  2 美里町立励徳小学校 養護教諭 井上里美先生
     「学校へ行こう」学校歯科医に期待することは
  3 熊本市立城東小学校 養護教諭 桑田奈津先生
     「心と体の健康をめざす学校での歯・口の健康づくり」の取り組みの実際

  4 大分大学教育福祉科学部教授 住田実先生
      教材研究視点から歯・口の健康づくりを通した楽しい健康教育の発送と展開

懇親会

課題別研究協議題「第7課題 歯・口の健康づくり」

 

 

日時:平成24年11月9日(金) 午前9時半~12時半
場所:熊本県民交流館パレア パレアホール
主題:生涯にわたる健康管理の基盤となる 歯・口の健康づくりの進め方

  • 主題説明
    指導助言者 宇都宮市教育委員会学校保健課 係長 横嶋 剛
  • 講義 愛知学院大学 歯学部 口腔衛生学 名誉教授 中垣晴男先生
    共通生活習慣指導とセルフ・チェック力育成について

研究発表

  • 長崎県松浦市立 今福中学校 養護教諭 松田理恵子先生
    「歯科健康診断結果を踏まえた歯科保健活動の実践について」
  • 大阪府立泉北高等特別支援学校 養護教諭 池川典子先生 学校歯科医 小森忠幸先生
    「1人1人のニーズを踏まえた歯科保健教育の推進」
  • 熊本県津奈木町立津奈木小学校 養護教諭 寺川裕子先生
    「学校 家庭及び地域社会が連携した学校歯科保健教育の進め方について」

文部科学大臣表彰を受けた岡本卓士氏の受賞記念の集合写真

全国学校保健研究大会
第36回(昭和61年度)から第47回(平成9年度)までの開催要項などが、法人設立30周年記念誌p86~90に掲載されました。
全国学校保健研究大会.pdf
PDFファイル 153.4 KB