平成27年度歯・口の健康に関する図画ポスターコンクール

日本学校歯科医会入賞作品
(大阪市代表)優秀賞

鶴見小学校1年

武部彩花さん

全国学校歯科保健研究大会

概要

 全国の学校歯科医が参加して開催される全国学校歯科保健研究大会は、文部科学省、日本学校歯科医会、日本学校保健会が主催して開催される学校歯科保健の一年の中で一番重要な大会です。今年で77回を数える歴史ある大会で、担当する都道府県の歯科医師会が実行委員となり毎年10月から11月にかけて開催されています。大阪では12年前の平成13年の11月15日・16日に大阪国際会議場で開催され、大阪府下から2千名を超える参加者がありました。


 1日目は学校歯科保健の主題にそった記念講演とジンポジウムが開催され、懇親会も行われ全国から集まった学校歯科医の情報交換の場となります。2日目は幼稚園から特別支援までの領域別研究協議会が座長と助言者の進行によって行われます。参加者はそれぞれが担当する校種別の会場で行なわれる協議会での研究発表内容を参考にして、日頃の学校保健活動に生かせるようにしていきます。また、研究発表に対する質疑応答も行なわれ、学校歯科保健に対する討議も活発に行われています。


 そして、別会場ではポスター発表が行われますが、大阪市学校歯科医会は4年前の京都市で開催された本大会において「『健康日本21と学校歯科保健』の健康診断分析ソフトの生かし方」の題名でポスター発表を行ないました。

 

 本大会は、平日の木曜日と金曜日に開催されますが、愛媛県で開催された平成23年の大会から木曜日の午後から始まり、金曜日の正午までの実質1日の開催となりました。また、今年の熊本大会では日本学校歯科医会・学校歯科医生涯研修制度の専門研修が、大会終了後の午後から開催されるようになりました。


活動実績

第81回全国学校歯科保健研究大会

 大阪市学校歯科医会は平成29年10月26日(木)27日(金)に青森市のリンクステーションホール青森で開催された全国学校歯科保健大会においてポスター発表を行いました。全国から参加された学校保健関係者に大阪市で行われている歯科保健活動の様子を紹介する事ができました。多くの関係者が発表内容に興味を示されて、ほとんどの人がポスターを写真撮影され、中には20枚のポスター1枚1枚を撮影する方もおられました。また、展示コーナの実習器具や添付ファイルも熱心に見られて、待機した市学歯のメンバーも説明に追われました。

 

日時    平成29年10月26日(木)27日(金)

会場  リンクステーションホール青森(青森市文化会館)懇親会・ホテル青森

主題  生き抜く力をはぐくむ歯・口の健康づくりの展開を目指して

       ~学校歯科保健から始まる8020健康社会~

参加者 西川肇副会長 西本達哉専務理事 川上力常務理事  曽我時雄監事

 

ポスター発表内容

 演題 養護教諭や学生対象のテーブルクリニック形式の体験学習

 演者 O岡本卓士 林昭典 西川肇 西本達哉 川上力 曽我時雄

 発表抄録

  学校における歯科保健指導は講話型で行われるのは一般的であるが、これからの保健教育は知識を教える教育から、どのように身に付けるのかを重要視する知識から技能を重要視する知識から技能を重視する教育が求められている。大阪市学校歯科医会はこのような時代の変革に対応するために、実習器具を使用した体験学習を推奨し、その実験結果や考察を発表することにより、子どもたちが健康増進のための実践力を育成することを目指している。

 そのために、養護教員対象に「第6回歯・口の健康づくり研修会」を開催して、5コーナのテーブルクリニックでは12の体験学習を受講してもらい、これらの実習器具の計測結果により、自分の健康状況を認識した上での歯科保健実習を実践するように呼びかけた。

 また、この同じ形式の体験実習は高等学校の2校でも学校歯科保健委員会を利用して開催されたが、この学習形態を大阪市の小学校や中学校にも普及させることにより、保健教育の変革に対応していきたいと考える。

※ ポスター発表した20枚のスライド
第81回全国学校歯科保健研究大会(青森) ポスター発表.pdf
PDFファイル 3.7 MB

大会日程 

26日 

   開会式・表彰式  13:00~14:00  1階大ホール

   ポスター発表   13:00~18:00  2階展示室

   基調講演     14:15~15:35  1階大ホール

     演題   「健康長寿社会に向けたライフコース・アプローチ」

     講師    東北大学公衆衛生学教授 辻 一郎

   シンポジウム   15:50~18:00

     演題   「口腔機能の健全育成を求めて」

     座長    明海大学学長 安井利一

     シンポジスト 昭和大学 口腔衛生学 教授 弘中祥司

            佐世保市立広田小学校 教諭 福田泰三

            青森県歯科医師会 監事  高瀬厚太郎

   懇親会     18:45~

      会場   ホテル青森 3階  孔雀の間

  

  27日

   ポスター発表    9:15~11:50

   領域別研究協議会  9:15~11:50

    幼稚園部会     5階 大会議室B

    小学校部会     1階 大ホール

    中学校部会     4階 中会議室

    高等学校部会    5階 大会議室A

 

※高等学校部会では 去年の文部科学大臣受賞校の大阪ビジネスフロンティア高校の花松亜由先生が研究発表をされました。

第80回全国学校歯科保健研究大会(東京都)

 平成28年度の第80回全国学校歯科保健研究大会は11月16日と17日に東京都の文京シビックホールで開催されました。市学歯からは長崎三男副会長以下5名の理事が参加しました。初日は池上 彰氏の記念講演やシンポジムで研鑽を深めて、懇親会では全国の学校歯科保健関係者と情報交換して友好を深めました。2日目の領域別研究協議会では、各担当校種別の協議会に参加して、具体的な学校歯科保健の指導内容について学びました。尚、ポスター会場では、大阪市教育委員会が6年生対象の「歯・口の健康教室」をテーマに発表されました。この事業は生活習慣病としての歯周病に重点を置いた健康教育で、基本的な生活習慣の確立と自己管理能力の向上を図る事業ですが、児童自ら生活習慣の見直しができるよう健康度チェックを活用しています。その健康度チェックから見える児童の実態などについて発表されました。また初日の表彰では平成28年度(第55回)全日本学校歯科保健優良校表彰で優秀賞(文部科学大臣賞)を受賞された、大阪市立大阪ビジネスフロンティア高等学校澤井校長が義家文部科学副大臣より表彰状を渡され、会場は拍手で包まれるという素晴らしい大会でもありました。

 

主 催 文部科学省・日本学校歯科医会・日本学校保健会・東京都教育委員会・東京都学校歯科医会

期 日 平成28年11月16日(木)・17日(金)

場 所 文京シビックホール

主 題 「生き抜く力」をはぐくむ歯・口の健康づくりの展開を目指して

市学歯からの参加者

  長崎三男副会長 西本達哉専務 藤野康徳常務 川上力常務 曽我時雄監事

市教委からの参加(平中早苗 学校保健担当係長)

日 程 

 (1日目)

 開会式・表彰式 13:00~14:00

 ポスター発表  13:00~17:30

 記念講演    14:15~15:15

   演題 『国際社会で生き抜く力』

   講師 ジャーナリスト 池上 彰

 シンポジウム  15:50~17:30

   座長      東京医科歯科大学 名誉教授          黒田敬之

   基調講演    明海大学 学長                安井利一

   シンポジスト  元・福岡県春日市須玖小学校養護教諭      田中さえ子

           日本学校歯科医会常務理事           竹内純子

 懇 親 会   18:30~

 

 (2日目)領域別研究協議会

 1 保育所(園)・幼稚園部会

    座     長  神奈川歯科大学大小児歯科教授        木本茂成

    発     表  東京都府中市立小柳幼稚園学校歯科医     今井 修

             大阪市立東小橋幼稚園養護教諭        小中みづほ

 2 小学校部会   

    座     長  鶴見大学歯学部小児歯科学講座教授      朝田芳信

    発     表  東京都立台東区立東浅草小学校 学校歯科医  久保和彦

                            主任養護教諭 菊池えり子

             埼玉県羽生市羽生南小学校   保健主事   田沼正子

                            養護教諭   清水紀保

                

 3 中学校部会

    座     長  日本大学歯学部 学部長           前野正夫

    発     表  東京都町田市立小山田小学校 主任養護教諭  三瓶法子

                           学校歯科医   澤 正宏

             岩手県一関市大東小学校   養護教諭    皆上裕美子

                           学校歯科医   熊谷博伸

 4 高等学校部会

    座     長  日本歯科大学生命歯学部 衛生学講座教授   福田雅臣

    発     表  東京都赤羽商業高等学校   学校歯科医   中村卓志

                           主幹養護教諭  西川路由紀子

             千葉県立流山おおたかの森高等学校 養護教諭 齋藤美佐子

 5 特別支援教育部会

    座     長  昭和大学歯学部 口腔衛生部門教授      弘中祥司

    発     表  東京都立府中けやきの森学園 主任養護教諭  藤田晃子

             沖縄県立宮古特別支援学校  栄養教諭    宮里亜希子

                           教諭      金城香澄

第79回全国学校歯科保健研究大会(長野県)

 平成27年度の第79回全国学校歯科保健研究大会は10月29日と30日に長野市のホクト文化ホールで開催されました。市学歯からは長崎三男副会長以下5名の理事が参加しました。初日は岡崎好秀客員教授の基調講演やシンポジムで研鑽を深めて、懇親会では全国の学校歯科保健関係者を情報交換して友好を深めました。2日目の領域別研究協議会では、各担当校種別の協議会に参加して、具体的な学校歯科保健の指導内容について学びました。尚、ポスター会場では、大阪市教育委員会が4年生のフッ化物塗布事業における歯ッピーカードの生活習慣の調査結果と学校歯科保健統計のむし歯の状況を関連性を集計し考察する研究発表を行いました。良い生活習慣が確立している学校ではむし歯経験者率が低いことを証明して、高い評価を受けることができました。


主 催 日本学校歯科医会 日本学校保健会 長野県歯科医師会

期 日 平成27年10月29日(木)・30日(金)

場 所 ホクト文化ホール

主 題 「生きる力」をはぐくむ歯・口の健康づくりの展開を目指して

市学歯からの参加者

  長崎三男副会長 西本達哉専務 羽生卓也専務 林昭典常務理事 美島達平常務理事

市教委からの参加(北八重子 学校保健担当係長)

日 程 

 (1日目)

 開会式・表彰式 13:00~14:00

 ポスター発表  13:00~18:00

 基調講演    14:15~15:35

   演題 生涯を通じて自らの健康を保持増進するための学校歯科保健のあり方

      ~食育の基本は歯・口の健康づくりから~

   講師 国立モンゴル医科大学歯学部 客員教授 岡崎好秀

 シンポジウム  15:50~18:00

   座長      東京女子体育大学 教授            戸田芳雄

   シンポジスト  長野県教育委員会 保健厚生課 課長      宮下朋子

           東京都中央区立久松小学校 養護教諭      上野弘子

           東京都中央区立泰明小学校・幼稚園 元学校長  木暮義弘

           高知県高知市立西部中学校 学校歯科医

           一般社団法人 日本学校歯科医会 理事     野村圭介

 懇 親 会   18:45~20:15


 (2日目)領域別研究協議会

 1 保育所(園)・幼稚園部会

    座     長  日本学校歯科医会 理事           阿部直樹

    コメンテーター  日本歯科大学生命歯学部 衛生学講座 教授  福田雅臣

    発     表  長野県松本市役所保健課 指導担当      今野美穂

             大阪府立河内長野市立三日市幼稚園 園長   角田雅彦

 2 小学校部会   

    座     長  日本学校歯科医会 理事           土田雅久

    コメンテーター  日本大学歯学部 衛生学講座 教授      前野正夫

    発     表  長野県駒ケ根市立赤穂南小学校 養護教諭   竹上好美

                            学校歯科医  菅沼 香

             栃木県宇都宮市立陽南小学校  校長     矢田部芳仁

             栃木県宇都宮市立中央小学校  養護教諭   松本京子

                

 3 中学校部会

    座     長  日本学校歯科医会     理事       渋谷昌史

    コメンテーター  九州大学大学院歯学研究院 口腔保健推進学講座 

                       口腔予防医学分野 教授 山下喜久

    発     表  長野県上田市立真田中学校 養護教諭     徳嵩あゆみ

             和歌山県かつらぎ町立妙寺中学校 校長    稲本雅美

                             養護教諭  髙井佑季

 4 高等学校部会

    座     長  日本学校歯科医会     理事       佐々木貴浩 

    コメンテーター  国立教育政策研究所 教育課程研究センター基礎研究部

                          部長       今関豊一

    発     表  長野県望月高等学校    養護教諭     小森江利子

             東京都立足立東高等学校  主幹教諭     西川路由紀子

 5 特別支援教育部会

    座     長  日本学校歯科医会     理事       渡辺幸男

    コメンテーター  松本歯科大学 障害者歯科学講座 教授    小笠原 正

    発     表  長野県花田養護学校    養護教諭     伊東初枝

             岐阜県立東濃特別支援学校 教諭       布藤理恵

                          養護教諭     四元ひろみ

第78回全国学校歯科保健大会(島根県)

 大阪市学校歯科医会は、平成26年10月23日(木)24日(金)に島根県松江市の島根県県民会館で開催された全国学校歯科保健研究大会において、ポスター発表を行ないました。ポスターを展示した会場では、閲覧に来られた全国の学校歯科保健関係者に大阪市の学校歯科保健活動の様子を説明し解説することができました。

 また、2階の中ホールロビーにおいて、大阪市学校歯科医会か所蔵しておりました戦前の

歯科保健指導に使用したと思われる掛け軸を展示いたしました。これも多くの大会参加者が立ち止まって写真を撮るなど反響がありました。

ポスター発表内容

 

演題:大阪市の中学校における学校歯科医と養護教諭との連携による保健指導について

演者氏名: ○ 岡本 卓士 西川 肇 西本 達哉 羽生 卓也 林 昭典 美島 達平 川上 力

演者所属機関・団体、職名:一般社団法人大阪市学校歯科医会

 

ポスター発表抄録

 大阪市の中学校における保健指導は、平成4年から中学校1年生を対象にした「歯・口の健康教室」が行われてきたが、平成24年から、学校独自の歯科保健指導をする「歯・口の健康づくり」に移行した。その保健指導は、派遣された歯科衛生士が実施するものから、学校歯科医と養護教諭の連携による、各学年の生徒たちの実状に応じた内容や手法によって指導を行なうように形式が変更された。 

  大阪市学校歯科医会としては、その指導形態の移行が適確に行われるように、学校歯科医と養護教諭対象の研修会を5回開催して、視聴覚教材や歯科保健器材を活用した実習を伴った保健指導内容を実践するように呼び掛けた。それによって、従来の「歯・口の健康教室」の68校から「歯・口の健康づくり」は、1年目は79校と増加し、2年目も83校へと実施校数を増やすことができた。

 学校歯科医と養護教諭の連携による学校歯科保健指導が、平成24年以降どのような内容で実施され、成果を上げているか調査したので報告する。

 

 

ポスター発表した16枚のスライド
第78回全国学校歯科保健研究大会 ポスター.pdf
PDFファイル 1.5 MB

第77回全国学校歯科保健研究大会(熊本県)

第77回 全国学校歯科保健研究大会
●主催 文部科学省・日本学校歯科医会・日本学校保健会・
熊本県ほか
●期日 平成25年10月17日(木)~18日(金)
●会場 市民会館崇城大学ホール・熊本市国際交流会館
[基調講演] 東京医科歯科大学 名誉教授 黒田 敬之
[シンポジウム] 座長 社団法人日本学校歯科医会役員
シンポジスト 大阪歯科大学 小児歯科学講座 教授 有田 憲司
東京都中野区立緑野中学校 学校歯科医 田中 英一
公益社団法人全国学校栄養士協議会 理事 福岡 ちづる
熊本県教育委員会 体育保健課 課長 平田 浩一
[領域別協議会]
■    保育所(園)・幼稚園部会
座長 社団法人日本学校歯科医会役員
コメンテーター 日本大学 歯学部 衛生学講座     教授  前野 正夫
発表者 山東保育園、喜育保育園
食育・口腔育成支援センター研究員 村上 史子
    歯科医師 勇  雅大
発表者 滋賀県栗東市立葉山幼稚園     主任 平子 裕子
        主任  迎   薫
■    小学校部会
座長 社団法人日本学校歯科医会役員
コメンテーター 昭和大学 歯学部 小児成育歯科学講座    教授  井上 美津子
発表者 山鹿市立城北小学校     教諭 迎田 千恵子
発表者 山形県大蔵村立大蔵小学校     校長 姉﨑 秀悦
    養護教諭 阿部 隆子
■    中学校部会
座長 社団法人日本学校歯科医会役員
コメンテーター 大阪教育大学 教育学部 養護教育講座    教授  小山 健藏
発表者 熊本市富合中学校     養護教諭 佐成 美帆
発表者 東京都文京区立第六中学校     養護教諭 美谷島 正義

■    高等学校部会
座長 社団法人日本学校歯科医会役員
コメンテーター 九州大学大学院歯学研究院
口腔保健推進学講座口腔予防医学分野    教授  山下 喜久
発表者 熊本県立天草高等学校     養護教諭 山川 さおり
発表者 長野県野沢南高等学校     養護教諭 佐々木 夕貴子
    養護助教諭 横山 美香
■    特別支援教育部会
座長 社団法人日本学校歯科医会役員
コメンテーター 日本大学    名誉教授  赤坂 守人
発表者 熊本県立菊池支援学校     養護教諭 松村 千恵子
発表者 千葉県立特別支援学校流山高等学園     養護教諭 淵上 由美

◎大阪市学校歯科医会からの参加者
  岡本卓士会長  西本達哉専務理事  河野好昭常務理事  美島達平常務理事
  普光江 暁理事


ポスター発表(大阪市関係分)
[演題] 児童生徒の経年的な健康教育を目指して
   ~フッ化物塗布事業を活かした健康教育について~

[演者] 大阪市教育委員会 学校保健担当 北 八重子

第75回全国学校歯科保健研究大会(愛媛県)

第73回全国学校歯科保健研究大会(京都府)

開催:平成21年10月29日(木)~30日(金)

会場:ウェスティン都ホテル京都

演題:健康日本21と学校歯科保健の健康診断分析ソフトの生かし方

要旨: 

 大阪市では、小学校2年生の「低学年歯みがき指導」、小学校4年生の「フッ化物塗布」、小学校6年生と中学校1年生の「歯・口の健康教室」と学齢期において一貫した内容の保健指導を行なっている。そこで、これらの保健指導の有効性を客観的に評価するために、平成20年度に大阪市の全校で実施した定期健康診断の調査結果をもとに分析したのでここに報告する。尚、この分析は日本学校歯科医会が制作した「健康日本21と学校歯科保健」の健康診断分析ソフトによって作成されたグラフによって行なった。この調査は大阪市学校歯科医会に返送された323校の内上記、各保健指導を平成17年・18年・19年の3年間実施しなかった学校の集計と、完全実施校の集計、大阪市平均値と比較することにより分析考察した。

その結果、健全者率やDF歯数などのむし歯に関しては顕著な差が認められなかったが、CO歯数やGO・Gの歯肉炎の調査結果では明らかに保健指導の有効性が認められた。

大阪市学校歯科医会ではこの調査結果をもとに、各学校歯科医が健康診断結果を活かした歯科保健教育ができるような環境を整えて行きたいと考える。

ダウンロード

第77回全国学校歯科保健研究大会開催要項
第77回全国学校歯科保健研究大会開催要項.pdf
PDFファイル 6.7 MB
第73回全国学校歯科保健研究会(京都)ポスター発表の内容(80周年記念誌に掲載)
京都市で開催された全国学校歯科保健研究大会で 大阪市学校歯科医会が独自でポスター発表した内容が掲載されています。
第73回全国学校歯科保健研究大会.pdf
PDFファイル 1.4 MB
全国学校保健研究大会(第50~59回)
昭和61年度(第50回)から平成7年度(第59回)までの全国学校保健研究大会の開催要項などが、法人設立30周年記念誌p91~95に掲載されました。
全国学校歯科保健研究大会.pdf
PDFファイル 184.7 KB
全国学校歯科保健保健研究大会(平成11年から22年までの開催要項と大阪市の表彰校)
80周年記念誌に掲載された第63回大会から第74回大会までの12回の大会の開催要項です。主題や記念講演、大阪市からの全日本学校歯科保健優良表彰校が紹介されています。
全国学校歯科保健研究大会.pdf
PDFファイル 1.8 MB
平成13年に大阪の国際会議場で全国大会を開催した時のパンフレット
大阪で全国学校歯科保健研究大会を開催した時の予告のパンフレットです。この大会の冊子はドロップボックスに納めておりますので 開催内容を閲覧することができます。
第65回全国学校歯科保健研究大会開催予報.pdf
PDFファイル 2.3 MB